引越し知恵袋

新しい部屋に引越すということは、新しい人生の幕開けとも言えます。夢と希望に満ちた部屋で新しい人生をスタートさせたいですね。 でも、気に入った良いお部屋を見つけるのは意外と大変。不動産屋さんを何軒も訪ねたり、いろいろな届け出が必要だったりと、初めての人にはわからないことだらけ。そこでこのコーナーでは、引越し初心者でもベテランでも、スムーズな引越しができるステップをお知らせします。

希望条件と予算を決める

新しいお部屋を探そうとするとき、いろいろな条件を欲張りたくなるものですね。
でも、条件が多くなればなるほどお部屋探しは、難しくなっていきます。
自分の望みの条件に優先順位をつけて、部屋を探すのが第一のポイントです。

Point1 家賃は収入の1/3以下で

家賃は収入の1/3以下で家賃は「収入(給料)」の1/3以下が基本です。家賃のほかに管理費や駐車場代などの出費も忘れずに。
1/3を超えるととたんに毎月のやりくりが大変になるので、注意してください。

Point2 女性のお部屋選び

女性の一人暮らしは、なにかと不安がつきもの。安心して暮らすためには「人気の多いところ」「2階以上」「オートロック」がベスト。
目の前にコンビニがあったりするとチョット安心な場合あります。なるべく安心して暮らせる環境を選びましょう。

Point3 希望条件のチェックポイント

 希望条件のチェックポイントお部屋探しの際に、チェックするべきポイントをあげてみましょう。

  • 家賃(収入のの1/3以下が基本)
  • 地域(学校、職場のそば、友達の多い地域…)
  • 駅、バス停からの距離(徒歩何分以内…)
  • 間取り(広さ・部屋数・日当たり…)
  • 建物の種別・築年数(アパート・マンション・新築…)
  • その他の条件(ペット可など)
  • 設備(エアコン・FFストーブ・ロードヒーティング・エレベーター…)

以上の条件から、自分の優先順位を決めて、無理のない部屋探しをしましよう。

お部屋の情報探し

お部屋の情報探し次にお部屋を探しましょう。とは言っても、どこから手を付けたらいいのでしょう。
地域によっての家賃の相場や、いろいろな間取りの物件を確認しながら、じっくり探すのであれば情報誌がお勧めです。たくさんの不動産屋さんの物件が紹介してあります。青森では賃貸物件がメインの「リブ・イン・あおもり」売買物件がメインの「ハウジングライフ青森」が本屋さんで毎月発行されております。
そして、インターネットでの物件検索になります。
インターネットは、即時性がありますので、まだ情報誌に載る前の物件が掲載される可能性があります。ぜひご利用ください。
賃貸物件の検索はこちら
さて、お目当ての物件が見つかったものの、敷金とか礼金とかの用語の意味が、あいまいだったりします。次は基本的な用語を簡単に解説します。

Point1 所要時間

不動産の表記では、徒歩1分=80mで計算しています。徒歩5分だと400m離れていることになります。歩くのが遅い人は、表記の時間にもう少しプラスして考えてください。

Point2 敷金

契約時に貸主に預けるお金。部屋を解約した時に返還されますが、借主の費用負担(修理・修繕、ルームクリーニング等)のある場合、一般的には、その分を差し引いて返金されます。

Point3 礼金

貸主に支払われるお金。退去時にも返金されません。

Point4 仲介手数料

契約締結後に、わたしたち不動産会社がいただくのが仲介手数料です。

Point5 契約更新事務手数料

契約期間満了時、再契約をされる場合にわたしたち不動産会社がいただく事務手数料です。

Point6 管理費(共益費)

Point6 管理費(共益費)アパート・マンションなどの共用部分(浄化槽の維持管理費、入口や廊下の照明の電気代、エレベータの維持管理費など)の維持管理に必要な経費です。家賃+管理費が、1ヶ月に支払う金額になります。(管理費が家賃に含まれる場合もあります。)

問い合せのポイント

雑誌やインターネットでお気に入りの物件を見つけたら、実際にその物件を取り扱っている不動産屋さんに問い合わせ。
情報誌やネットで見ていくら気に入っても、自分が実際に暮らす場所だから、実際にその目で物件を確かめずに決めてはいけません。
不動産屋さんに問い合わせるときは、以下のポイントを確認してからメールや電話をしましょう。

Point1 物件名

気に入った物件の名前とともに、どこでそれを見つけたかも忘れずに。「○○(情報誌名)の×月×日号で見ました」とか「インターネットの物件情報で見つけました」とか。物件番号・問い合わせ番号などがある場合は、その番号を控えておくとスムーズな問い合わせができます。

Point2 希望条件

Point6 管理費(共益費)お気に入りの物件が既に決まってしまっているときもあります。その時に自分の希望条件をしっかり伝えて、他の物件を紹介してもらいましょう。

Point3 訪問(下見)できる日時を決めておく

お気に入りの物件がまだ空いていたら、次はいよいよ下見です。ただ、いつでも自分の都合のいい日に下見に行けるとは限りません。不動産屋さんときちんと打ち合わせをしてください。また、退去予定のお部屋はまだ入居中の場合もあります。自分が行ける日を何日か設定しておいて、都合をつけてもらいましょう。

物件の下見

物件の下見いよいよお目当ての物件とご対面です。まず不動産屋さんを訪ねて、その後に現地まで案内してもらいます。現地に着いたら建物の外装や内装はもちろん、周辺の環境や交通機関のチェックもお忘れなく。

Point1 広さ・高さ・収納

ベッドやタンス、背の高い本棚・冷蔵庫など、大きな家具があるときは、広さだけでなく高さにも気を配りましょう。スケールを持参して計ることもできます。また、収納スペースも大事なポイントです。自分の持ち物がきちんと納まるか確認してください。

Point2 設備

エアコン・ストーブ・洗面台・シャワー・照明器具などの設備を確認しましょう。また、コンセントの位置や電気容量もチェックポイントです。

Point3 日当たり・風通し

Point3 日当たり・風通し部屋の向き、周りの建物などで日当たりは大きく変わります。南側に大きな建物がある場合は、日当たり具合をよく確認しましょう。
また、部屋の反対側にも窓があると、風通しがいい部屋だと言えます。

Point4 防音・遮音

上の階の足音が響かないか、隣室からの音が漏れてこないかは大事なチェックポイント。
また、外からの騒音が入ってこないかも確認してください。

Point5 所要時間・付近の施設

最寄りの交通機関からの所要時間も、実際に歩いて確認しましょう。その時にコンビニやスーパー、郵便局など周りの施設も一緒に見ておきましょう。また、バスを利用する場合は、便数や最終バスの時間のチェックもお忘れなく。

Point6 昼と夜

Point6 昼と夜昼と夜とで、街の雰囲気がガラリと変わってしまう場所もあります。できる限り昼・夜両方の下見をお勧めします。場所さえわかれば、下見当日でなくてもチェックは可能。女性の場合は特に入念に。

Point7 駐車場の場所

車を持ってる人、また買う予定がある人は、駐車場の場所も実際に確認してください。敷地外に駐車場を借りる場合はそこまでの所要時間も忘れずに。

契約手続き

下見が終わって、お部屋が気に入ったら、いよいよ契約です。担当者の説明を良く聞いて、契約書の内容やわからないことは必ず確認してください。契約後にキャンセルしますと、違約金が発生しますので、納得のいくまで話し合って契約してください。

Point1 入居申込書の記入

入居を決めたら、入居申込書に必要事項を記入します。
この時点ではまだ正式な契約ではありません。申込書には、現在の住所・氏名・勤務先・連帯保証人などを記入する欄があります。
通常、連帯保証人は必要になりますので、前もって連帯保証人になってくださる方にお願いしておいてください。(基本的には身内の方)
また、連帯保証人の代わりに保証会社を扱っている不動産屋さんもありますのでご相談ください。

Point2 入居審査

記入していただいた入居申込書を基に、貸主が入居者の審査をします。審査の結果がでるまで1週間ほどかかる場合もあります。

Point3 入居契約

入居審査に合格したら、改めて契約書を交わします。前もって不動産屋さんより必要書類・費用の連絡をいたしますので、契約の日までに必要なものを全て揃えておきましょう。

  • 必要書類 住民票・印鑑・印鑑証明・身分証明書(免許証など)・連帯保証人の印鑑証明・実印など
  • 必要費用 敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・保険料など 別に駐車場を借りる方は、駐車場の分の費用も必要になります。
  • 前もって不動産屋さんに確認してください。

引越しの準備

引越しの準備無事に契約が終わったら、いよいよ引越しです。引越し前には、やらなければいけないことが山積み。電気・ガス・水道・電話などの移転願い、郵便局に郵便物の転送願い、役所への転出転入届けなどなど。その他に引越し準備です。引越し業者に頼む場合はいいですが、自分で引越しとなると、段ボール集めからトラックの手配まで、これまた大仕事。やるべきことを表にして、ひとつひとつつぶしていきましょう。

Point1 引越しは仲間と?

引越し会社に頼むのなら、その会社に見積りの依頼を。仲間でやってしまうのなら、段ボールなどの梱包材・トラック・人員の確保が必要です。
仲間は紹介できませんが、引越し会社は当社でもご紹介いたしますのでお申し付けください。

Point2 住民票の転出届

住民票の転出届は、現住所の市町村役場で転出予定日の14日まえから受付けてもらえます。引越し間際の慌ただしいときでなく、前もって届けを済ませておきましょう。

Point3 電気・ガス・水道・電話の移転手続き

電気・ガス・水道は、管轄の営業所に引越しすることを連絡し、現在住んでいる場所での使用停止と、移転先での使用開始の日時を決めてください。電話はNTTの「116」番で移転の手続きを受け付けています。

Point4 郵便局への転出届

郵便局への転出届も忘れないようにしましょう。届けを出すと、旧住所に届いた郵便物を、新住所に1年間転送してくれます。

Point5 その他のチェック項目

Point5 その他のチェック項目
  • 粗大ゴミがあるならば引き取りの連絡
  • 引越し先のご近所への挨拶
  • 学校・職場などの転出手続き
  • 新聞の販売店への連絡などなど

引越し後にすること

引越し後にすること無事に引越しが済んで、一段落だと思います。しかし、まだやらなければいけないことは終わりません。慌ただしかった引越しの最終作業をキチンと済ませて、新しい生活をスタートさせましょう!

Point1 新居のチェック

実際に新しいお部屋に入ると、下見の時には気づかなかった不具合がでてくる場合があります。扉の建て付けや各種設備機器の故障、水道管からの水漏れなど。気になるところは、早めに不動産屋さんに相談しましょう。

Point2 電気・ガス・水道の開栓手続き

電気・水道は、新しいお部屋に備え付けられているハガキに使用開始日を記入して送るだけで使用できます。(冬期間は、凍結防止のために水抜きをしている場合がありますのでご確認ください) ガスは立合の元、ガス会社に開栓してもらわなくてはなりません。前もって日程を決めておきましょう。

Point3 住民票の転入手続き

新しいお部屋の市町村役場に行き手続きします。前住所の役場でもらった転出届と印鑑を持参してください。

Point4 その他のものの住所変更

免許証、銀行、クレジットカードなども住所変更が必要です。

Point4 その他のものの住所変更以上、お部屋探しから引越しまでの間にやらなくてなはらないことを大まかにまとめました。一言に「引越し」といっても、これだけのことをやらなくてはなりません。けれども新しい部屋、新しい環境での生活は、きっと今までより、楽しく輝いたものになると思います。
みなさんも新しい生活をエンジョイしてください。ぜひ、あすなろ不動産をご利用ください。